恋愛ケーススタディ

HOME > 恋愛ブログ > そっけない相手

そっけない相手

2014年04月13日(日) 7:52

そっけない相手との恋愛哲学


浮気相手は本命の次、要するに二番目さんですね。

遊び相手は本命以外のその他みたいな分類でしょうか?

遊び相手とはその名の通り「遊び」です。
通常の遊び仲間の肉体関係版という感じですかね。


「結婚は一生もの、
 一緒に墓に入るまで幸せな家庭生活を送りたい」

と考えている人の中にも…

「ただし、恋愛のドキドキ感やスリル感、
 伴侶とは味わえない肉体関係を楽しみたい」

と、特定の恋人を対象にした恋愛ではなく、

精神的・肉体的な欲望解消の相手として、
一定条件の好みをクリアした相手なら
固執することなく付き合える、

むしろ、クリアした不特定多数の相手と
割り切りの付き合いをしたい…

そんな風に考える人もいるでしょう。


このような考え方を持っている人の多くは
「来るもの拒まず去る者追わず」的な
恋愛哲学を持っています。


一般的に「そっけない」と思われがちな
そういうタイプな人と恋愛をする場合、

相手の意識を自分に向けさせようと、
別れるつもりもないのに別れ話を切り出してみたり、
他の異性の存在をちらつかせてみたり、
そういう行為は自爆行為です。

まだ一緒にいたいと願っていたとしたら、
必ず後悔する結果を招くことでしょう。

来るもの拒まず去る者追わず哲学を掲げるタイプの人は
去ろうとしているものに対しての態度は冷たいものです。

もう興味のかけらもなくなってしまうからです。

「言わなきゃよかった」「しなきゃよかった」
と後悔するくらいなら、

自分の気持ちや状況が収まるまでは…
好きな相手と一緒に過ごした方が賢明かもしれません。

相手の性質はそう簡単には変えることは出来ません。
変えられるのは自分の性質だけです。

相手を変えようと努力して空しい結果を引き出すよりも、
自分を相手の性質に合わせる努力をする方が、
例え妥協の産物でもまだマシな結果が期待できるでしょう。


「二兎追うものは一兎をも得ず」は固執があるからいいけど
「来るもの拒まず去る者追わず」は固執がないから厄介です。

だって後悔するってことが恐らくないから。

相手に執着心がないために、
ある日いきなり愛想を尽かされて
自分の前からいなくなってしまったとしても、

ある日突然
「他の人が好きになったから… さようなら」と言われても、

痛くもかゆくもないのです。

自分の前からいなくなる相手に対しては、
興味なさげに「さよぉなら~」です。

相手の背中を見つめながら送り出すこともありません。
むしろ背中を向けたまま右手を振られるだけかもしれません。

「行きたいところがあるなら行けばいい」
「一緒にいたいならいればいい」

これが来るもの拒まず去る者追わずの哲学です。

もし、そのような相手を好きになってしまった時、
一緒にいたいなら駆け引きなんてことはしないことですね。

来るもの拒まず去る者追わずという感覚の相手と付き合うには
これにつきます。



【 男性向け恋人の作り方 】
  ⇒ 彼女が欲しい貴方に、恋愛コミュニケーションの裏ワザを無料で公開!!

【 女性向け恋人の作り方 】
  ⇒ 彼氏が欲しい貴女へ、運命の人との恋愛が成就する方法を無料で公開!!


よろしかったら、下のバナーから、
それぞれポチッと応援よろしくお願いします。
m(__)m

にほんブログ村 恋愛ブログへ