恋愛ケーススタディ

HOME > 2012年12月 アーカイブ

2012年12月 アーカイブ

« 2012年11月 | メイン | 2014年02月 »

恩着せがましくしない

愛情と言う名の恩の押し売り


最近デートをしていません。

いきなり個人的な愚痴から始まってごめんなさい。


しかし、今の私の小さな愚痴に

「そういえば自分もだ…」

って共感してくれる人も少なくないのではないでしょうか?


一般的な恋人のデート頻度は、週に2回と言われているそうですが、
今週は仕事が忙しく1度もデートをしていません。

これではストレスが溜まる一方ですよ…。

「うん、うん」と頷いてくれたあなた、
もう今すぐにでも一緒に飲みに行きたい気分です。


こうしてこんなことを愚痴交じりに書いている最中も、
どこかで誰かはデートを楽しんでいるのでしょうね。


皆さんは最近、いつ頃デートをしましたか?

学生でバイトしてる人は、
学校との両立でなかなか自分お時間が作れずに、
ストレスが溜まってしまいますよね。

学生の皆さんも、社会人の皆さんも、
まぁ無理はしないようにほどほどに頑張っていきましょう。


人生ではやらなければいけないことがたくさんあります。
その中でも恋愛は、格別のご褒美のように感じませんか?

本来は楽しい、嬉しい、ドキドキする、

このようなピンク色の感情で満たされるべきはずの恋愛が…

ちょっとしたことでこじれてしまい、

悲しい、辛い、キツイ…

というようなブルーだったりブラックな感情に切り替わっては、
人生に於けるご褒美どころか、厄介者になってしまうでしょう。


恋愛は明るい色と暗い色が紙一重のものです。

それも感情次第でいつでも形勢逆転することが可能だったり、
始めることも終わることも
お互いの感情次第でどうにでもなってしまうことでしょう。

できるものなら、
なるべく多くの時間をピンク色で染めていきたいと願うのは…
恋愛に身を置くもの全ての願いですよね?

好きあって交際に発展した関係で、
少しでもピンク色の時間を多くしたいと願う気持ちも、
実は一歩間違えれば…
相手のブラック色の時間を引き出してしまう恐れも大いにあるので、
十分に気を付けてもらいたいと思います。


「そんなつもりはなかった」と後から言っても、
それこそ後の祭りです。

相手の感情の色を暗くさせてしまったら…
最悪、相手そのものを失ってしまうかもしれません。

だって、生きるために繰り返さなければいけない日常生活の中で、
自分の心を暗くさせる要素があれば、排除するのも当たり前ですから。


「ピンク色の感情を全開にすることで、
恋人の心の色を暗くしてしまうことなんてあるの?」

と不思議に思った人もいるでしょうが、それがあるのです!


結論から言うと、『愛情と言う名の恩の押し売り』です。


「自分は恋人のあなたにこれだけしてあげている」

「自分は君に、恋人であるからこそここまでした」

なんて状態ですね。


愛情表現の一つとして、
分かってほしくて伝えているのかもしれませんが、
このようなことはただの恩の押し売りです。

これを繰り返すことによって、
相手の気持ちがどんどん暗くなり、
面倒に思われ…

恋愛関係が破綻してしまったカップルは決して少なくありません。


お互い、なかなか時間が合わずにデート出来ない週もあるでしょう。

そんな中、無理に時間を作ってデートした…

ただ、その先で一生懸命だったことを押し売りしては
せっかくのピンク色のけなげな気持ちも
相手にとってはただの負担になって
ウザいと思われてしまうこともあるものです。

決してその一生懸命さが押し売りにならないよう意識して
抑えていくことこそが、ピンク色の時間を継続させる秘訣なのです。


【 男性向け恋人の作り方 】
  ⇒ 彼女が欲しい貴方に、恋愛コミュニケーションの裏ワザを無料で公開!!

【 女性向け恋人の作り方 】
  ⇒ 彼氏が欲しい貴女へ、運命の人との恋愛が成就する方法を無料で公開!!


よろしかったら、下のバナーから、
それぞれポチッと応援よろしくお願いします。
m(__)m

にほんブログ村 恋愛ブログへ


2012年12月13日(木)18:46

思わせぶりな態度

モテる秘訣は思わせぶりな態度


モテたい…

と思わない人なんていないのではないでしょうか?
誰だって、モテたいと思う願望はありますよね?

「自分は好きな人にだけ好きになってもらえればそれでいいよ」

とか

「モテたいなんて思ったことない」

なんて言い切る人は、本当にそうでしょうか?

深層心理では、誰しもモテたいと思っているはずなんですけどね…。


人間だけではなく、これは生き物全般に共通することです。
生き物は、子孫を残したい本能が遺伝子レベルで組込まれています。

また、好きな人にだけ興味を持ってもらえればそれでいい… なんて、
そんな都合のいいことってあるのでしょうか?


人が好意を持つ人間であるからこそ、
好きな人にも好きになってもらえるチャンスがあるというものです。

誰からも相手にされないような人を誰が選ぶのでしょう?

何かしら特化した魅力があるならば、
自然と好意を持ってくれる人間はいるでしょう。

何かしら魅力を感じられる要素をもっているならば、
自然とモテる状態にあるでしょう。

「モテなくてもいい、ありのままの自分でいい」と豪語する人も、
好きな人が出来た時には興味を持ってもらおうと意識して、
服装や態度が変わったりするものですよね?

これも立派な『モテたい』と願う感情が引き起こしていることなのです。


さて、モテると一言に言っても方法は様々です。

また、人間にとっての魅力とは
外見や内面、経済力等々のジャンルに分れてくるので、
単純にモテたいと願ったところで、
どこから手をつけていいのか分からなくなってしまうでしょう。


今回は、モテたいと願う全ての人に、
私のとっておきのモテテクをご紹介してしまおうと思います!


私は10代の頃から、この恋愛術で…
自慢ではありませんがモテてきました。

まぁ、どこからどう見ても自慢ですが。。

しかし、実際に私が活用してきた恋愛術でモテてきたのは事実で、
振り返ってみても美味しい思いをしてきた経験も多々あるので、
ぜひ活用してもらいたいと思います!


私が活用してきたモテテクはとても簡単です。

お金も時間もかかりません。

ただ、異性に対して思わせぶりな言動を繰り返してきただけなのです。

もちろん、人として最低限のマナーである
清潔感や周囲への思いやりは徹底してきましたが、
その中で関わる異性がいたら…
相手の外見・内面・役職・職業等々関係なく、
思わせぶりな態度をしてきました。


相手に褒めるべきところがあれば素直に褒め、
「好きになってしまいそう」の言葉を付け足したり、

相手と話をする時には必ず目をじっと見つめるなど、

自分が恋をした相手に対してするような
ギリギリラインの言動をするのです。

ただ、決して「好き」という言葉は使用せず、
自分から何かを誘うこともせず、
を貫き通すことが鉄則ですね。

この技を使えば…

相手は「この人は自分のことが好きなのかもしれない…」と、
『かもしれない錯覚』に陥り、
努力すれば落とせるのでは?と勘違いをするものです。

このようにして自分の『ファン』を少しずつ増やしていくことで、
いつの間にかモテる状態を作り上げることが出来るのです!


多くの人からモテる人であれば、
自分が好意を持つ異性に対しても良いアピールになるので、
結果的には生きやすい人生になります。

意識している異性にもアピールしやすくなるので、
これは本当に使えるモテテクなのです!

ぜひ、上手に活用して、モテ人生をゲットしてください!


【 男性向け恋人の作り方 】
  ⇒ 彼女が欲しい貴方に、恋愛コミュニケーションの裏ワザを無料で公開!!

【 女性向け恋人の作り方 】
  ⇒ 彼氏が欲しい貴女へ、運命の人との恋愛が成就する方法を無料で公開!!


よろしかったら、下のバナーから、
それぞれポチッと応援よろしくお願いします。
m(__)m

にほんブログ村 恋愛ブログへ


2012年12月12日(水)18:29

バカの方が愛される?

バカの方が愛される?


少し前、日本列島には若者を中心に
『おバカ旋風』が巻き起こりました。

おバカタレントなる少し頭の足りない感じのタレントが人気を博し、
テレビではどのチャンネルにも一人は必ず登場しているという有様。

そんな影響もあってか、おバカなことが可愛いと感じた若者が、
どんどんおバカな言動を繰り出す『おバカブーム』がありました。

一部の新聞では、日本の未来を心配して
『おバカ撲滅運動』なるものができた… なんて記事が載ってた
記憶がありますが、あれは酷かったですね。

新人社員に何を聞いてもまともな質問がかえってくることはなく、
仕事に影響がでると嘆く上司達が、
居酒屋でおバカブーム非難をしているような場面も見かけました。


しかし、テレビに出ているおバカタレントと称される人達は、
頭が悪いのを面白がられてテレビに出ているのではないと思います。

本当はどのタレントも頭の回転が良く、むしろ演技なのでは?
と思ってしまうほど賢い人たちばかりです。

テレビで馬鹿にされることで笑いを取っている姿を真に受けて…
そのままおバカを真似ている若者を見ると可哀想な気もしますね。

たしかにおバカな方が世の中には愛されるでしょう。

自分より能力が高い人間を人は警戒するものですが、
自分より下と判断した相手は…
優しくするか、本当にバカとして粗末に扱うかのどちらかです。


それでもおバカは愛される場合の方が圧倒的に多いのは事実です。
しかし、一歩間違えば粗末に扱われてしまう事も事実です。
仕事に於いても、恋愛に於いても、同じことが言えます。

まぁ、仕事の場合はお金が絡むので、発言や言動はおバカでも
仕事はきちんとできないとあっという間にお払い箱でしょうね。
職場は慈善事業ではないので。

恋愛も、ラブラブモードでいちゃいちゃする時はいいでしょうが、
常におバカモードだと、まともな会話も出来ないことに相手が苛立つ、
そういうことも起こり得ます。

一日中ラブラブモードで暮らせるほど世の中甘いものではないし、
人間の精神力や忍耐力も限界があるので、
おバカモードも時と場合によりけりです。


この世で最も愛されるタイプはおバカだと思いますが、
ただのおバカではいけません。

臨機応変、に切り替えのできる
『かしこいおバカ』でなければいけないのです。

ただ面倒なことに『計算している・演技している』ことがバレると、
せっかく可愛がってもらってる恋愛関係も破綻する危険があるので…

この方法は本当に頭に自信がある人、
そして神経が図太い人にしかこなせない高等技術でしょうね。


自信があるならぜひ試してみてください、
今まで以上に生きやすくなること間違いないはずです。

そこまで完璧にこなせる自信のない人は…

少しだけ取り入れる意識をすると、男女を問わず
今までよりちょっとだけ異性から興味を引けるかもしれません。


【 男性向け恋人の作り方 】
  ⇒ 彼女が欲しい貴方に、恋愛コミュニケーションの裏ワザを無料で公開!!

【 女性向け恋人の作り方 】
  ⇒ 彼氏が欲しい貴女へ、運命の人との恋愛が成就する方法を無料で公開!!


よろしかったら、下のバナーから、
それぞれポチッと応援よろしくお願いします。
m(__)m

にほんブログ村 恋愛ブログへ


2012年12月09日(日)18:21

恋人の顔色伺い

恋人の顔色を伺っていませんか?


皆さんは恋愛をする時、
恋人の顔色を伺ってしまうことってありませんか?

私は何度か経験してきましたね。

好きな人の笑っている顔が好きで、
いつも笑っていてほしいと常に思っていました。


人を好きになった時、
これは誰もが持つ感情だと思います。

しかし、この感情…
実は心理学的には良くない感情の始まりだというのです。


そんなこと言われても、好きな人の笑っている顔が見たい…
と思う気持ちがなければ、恋愛なんて成立しないのでは?

と反感を持ったこともありましたが、
この言葉の真意は… ちょっと怖いものでした。


たしかに相手の喜ぶ顔が見たくて一生懸命になることは、
決して間違っているとは思いません。

ただ、相手の喜ぶ顔が生きがいになってしまうのは
あまりよくない状態でしょうね。

この感情が生きがいとまでなってしまうと、
常に相手の顔色を伺ってしまう状態になってしまいます。

相手が笑っていない時、不機嫌な時、
どうしようもない不安に駆られて、

「この人が笑ってくれるなら何でもしたい!」

といった支配的関係が出来上がってしまうらしいのです。


たしかに、私も相手が不機嫌な時、
どうしていいか分からずオロオロとしていたことがありました。

相手にとってはそれがさらに面白くなかったようで、
怒られてしまったことがあります。

似たような経験がある人も
少なくないのではないかと思いますが、

・恋人に笑っていてほしい
・恋人が不機嫌になったら解消したい
・どうしていいか分からずに動揺してしまう

結果、その姿が相手の怒りをかってしまう…

この方程式が出来上がってしまうと、
相手に笑っていて欲しいと願う気持ちがありながらも、
その気持ちが重すぎて、また怒られてしまうのでは…
という恐怖に似た感情すら生み出してしまう恐れがあります。


人間は恐怖を感じると、なるべくその恐怖を回避したいと願い、
恐怖の根源を絶ってしまおうという自己防衛機能が働きます。

ということは…

つまりこのケースでの恐怖を回避する方法とは、
不機嫌な状態の恋人の面白くないことを解消しよう…

ではなく、

恋人に不機嫌になる原因を極力作らせないようにしよう
と先回りを始めます。

ここで勘違いしてしまって、
恋人をどんどん甘やかしてしまうことで、
こちらに対する扱いが粗末になってしまうような
主従関係が出来上がってしまうのだそうです。


些細な愛情から生まれた感情が、
ここまで大きな結果を生むとはとは、通常予想できないことでしょう。

人間、甘やかされればその環境に慣れてしまって、
どんどん怠慢になってしまうものです。

自分が粗末に扱われる環境を自ら作りだしてしまうようなことって
本当に空しい結末だとは思いませんか?


「相手の喜ぶ顔が見たい」

ではなく、

「相手が喜んでいる時は自分も嬉しいな」

程度に抑えておくことが大切なのかもしれませんね。


恋人なんだから、顔色を伺ってばかりの恋愛関係なんて…
絶対に良くないですよね。

何か弱みを握られているわけでもなく、
好きで一緒にいたい相手なのですから。


人間には複雑な感情が入り乱れていますが、
深層心理を把握して、
上手な人間関係を構築する意識を無くさないようにすることが、
楽しく幸せな恋愛関係を作っていける方法だと思います。


【 男性向け恋人の作り方 】
  ⇒ 彼女が欲しい貴方に、恋愛コミュニケーションの裏ワザを無料で公開!!

【 女性向け恋人の作り方 】
  ⇒ 彼氏が欲しい貴女へ、運命の人との恋愛が成就する方法を無料で公開!!


よろしかったら、下のバナーから、
それぞれポチッと応援よろしくお願いします。
m(__)m

にほんブログ村 恋愛ブログへ


2012年12月07日(金)18:39

振り向いてもらうには

振り向いてもらうにはどうする?


なかなか振り向いてくれない相手を
振り向かせる方法があったらどんなによいでしょう。

相手も様々な性質をもっている他人ですので、
興味を持たれていないのに熱烈アタックをされては、
引かれて嫌われてしまって終わります。

せっかく好意を持った相手なのに、
相手の意識の中では『嫌い』『面倒くい』『苦手』
そういった記憶として残ってしまうなんて…
そんな悲しいことは避けたいですよね。

ただ、相手の心の中は分かりませんので、
本当に興味のかけらも無いのか?
頑張ってアピールすれば
何かしら興味を持ってくれる可能性があるのか?

ここの見極めが難しいところでしょう。

良くしてくれても社交辞令の場合もあるし、
そっけなくされていても…
実は興味を持たれていたなんてケースもあります。


もし、好きになった人と自分の関係に
可能性が少しでもあるなら、絶対に諦めたくないですよね。

好きになった人との未来に、少しでも可能性があるのに
弱気になって諦めてしまっては、必ず後で後悔します。

だからと言って相手の記憶の中に悪いイメージしか残らない…
そうなるようなアクションを起こすのは嫌だし…

そんな迷えるあなたに、相手の興味の対象になれるかなれないか
見極める一つの方法をご紹介いたします。


自分と話す時に笑顔が多い、何かと気遣ってくれる、
ありきたりな行動で分かりやすく好意を示してくれる
ストレートな人もいるとは思いますが、
一番の判断材料は『目』です。

会話の最中に相手の目をじっと見てください。

この人が自分に興味があるのかないかは、
きっとすぐに見分けることが出来るでしょう。

そのとき、『相手の目で見極める』
ということを意識して見つめてみましょう。

ただ、日本人は3秒以上見つめられるのに弱いので、
3秒見つめて1秒そらす…
というような見つめ方をしてみてください。

きっと感じるものがあるはずです。


自分が意識している相手が、自分に好意を持っていれば、
思い切ってアタックしてしまうという方法も効率的です。

意識している相手が自分に興味を持っていないようなら…
時間をかけてアピールし、
相手が自分に興味を持ってくれることを願いつつ
『相手の目』を時々チェックしながら
徐々にアタックすることで成功率アップにつながります。


この方法は、すぐに振り向いてくれない相手との関係を
縮めてくれるものではありませんが、
相手の心情もかえりみず自分の思いのままアタックするよりは
結果的に後悔せずに済む方法だと思います。


相手に不快感を与えないようにしながらも
アタックできるかどうかを伺う、

これが大人の恋愛術でしょうね。

思い切ってアピールされたらドキッとする人もいるでしょうが、
仕事や人間関係を抱えている社会人ともなると、
何かと抱えるものや気苦労も多いので大胆な行動は嫌うものです。

目を見る…

ただこれだけのことでも、
タイミングを見計らうために大きなサポートとなると思います。

片思い中の人は、ぜひ試してみてくださいね。
『目は心の窓』ですから!


【 男性向け恋人の作り方 】
  ⇒ 彼女が欲しい貴方に、恋愛コミュニケーションの裏ワザを無料で公開!!

【 女性向け恋人の作り方 】
  ⇒ 彼氏が欲しい貴女へ、運命の人との恋愛が成就する方法を無料で公開!!


よろしかったら、下のバナーから、
それぞれポチッと応援よろしくお願いします。
m(__)m

にほんブログ村 恋愛ブログへ


2012年12月06日(木)18:43

女性のコントロール法

女性のコントロール法


昨日は男性のコントロール法をご紹介しました。

男性とくれば…
お察しの通り、今日は女性のコントロール法です。

昨日の話もそうですが、コントロールと言っても
変な薬を使ったり、某教団のような洗脳じゃないので、
ご心配なく。

また、コントロールとはいっても、
日用生活のほんの些細なことを意識することによって、
自分にとって異性がよりよい待遇をしてくれる環境作りなので、
別に難しい手順も勉強も必要ありません。


男性の場合は、『オスとしての本能』に呼びかけるがごとく、
さりげなく男性を立てる(褒める)習慣を付けることで、
男性から見て『好意の持てる女性』を印象付けることでした。

女性の場合も男性同様に
『女性のメスとしての本能』に呼びかける習慣を
日常化させてしまうことにあるのです!


男性の脳と女性の脳は全く構造が違うので、
前回の『男性コントロール法』は女性には通用しません。

『よい人』どまりでいいのなら、多少の効果はあっても、
好意の持てる『人』以上の印象度は期待できず、
好意の持てる『男性』には進まないでしょう。


男性は、行動や性格、性質や考え方を逐一『褒める』ことで
コントロールすることがある程度可能な場合が多々あります。


では、女性はどのようなことを刺激すれば
コントロールできるのでしょう?


それは『外見を褒めること』です。


全ての女性が外見に自信がある訳ではありません。
むしろコンプレックスを感じている人の方が多いでしょう。

しかし、女性というものは、ほとんどの場合、
自分の外見を褒められることで刺激を受けると言われます。

決して可愛いとか美人という表現が似合わない女性でも、
たった一つのパーツを褒められるだけで・・・
刺激を受けるものなのです。

「可愛い鼻だね」とか
「綺麗な目だよね」とか、

そんな些細な一言で、
言ってくれた男性に対しての態度が変わるものです。


「あの女性にはそんなこと通用しない」と思うような女性でも、
そんなことありません。

不器用な人で表面的には怪訝な顔をしたとしても、
内心は必ず喜んでいるはずです。


こんな小さな意識で女性の対応が変わるなら…
言い方は悪いですが、『安いもの』ではありませんか?


ただ、気を付けてほしいのは言い方です。

先ほどの「可愛い鼻だね」「綺麗な目だね」、

このたった一言でも

「鼻は可愛いよね」

「目が綺麗だよね」

というような言い方だとかえって女性の気分を害するでしょう。
「それ以外は悪いってこと?」と受け取る女性が多いからです。

この点だけ気を付ければ、女性からの態度が変わり…
よりよい男性ライフを過ごせることでしょう。


異性をコントロールすることの本質は、
相手から好感を受け、
自分にとって都合が良いように事を進められる
そういう状況を作ることにあります。

まずは少しずつ試してみることですね。
実感できるようになるまでそんなに時間はかからないはずです。


【 男性向け恋人の作り方 】
  ⇒ 彼女が欲しい貴方に、恋愛コミュニケーションの裏ワザを無料で公開!!

【 女性向け恋人の作り方 】
  ⇒ 彼氏が欲しい貴女へ、運命の人との恋愛が成就する方法を無料で公開!!


よろしかったら、下のバナーから、
それぞれポチッと応援よろしくお願いします。
m(__)m

にほんブログ村 恋愛ブログへ


2012年12月03日(月)18:39

男性のコントロール法

男性のコントロール法


女性の皆さんにとっておき!
今日は男性をコントローする方法のご紹介です。

一応はじめに断っておきますが、人は皆十人十色なので、
100%全ての男性に通用する方法ではないかもしれません。

でも、確実に女性としての人生が潤う方法だと思うので、
恋人だけに関わらず、職場の同僚や友人などなど、
とにかく全ての男性関係に通用するはずなのでご活用下さい。


美人・スタイルが良い・バスとが大きい

このように女性として外見的に先天的魅力を持ってる人は、
そこに惹かれる男性が周りにいる場合、
他の女性よりも優遇された人生を過ごすケースが多いでしょう。

同じ女性なら、なんとも羨ましい武器かもしれませんが、
無いものねだりをして、ひがんで生活するのは…
それだけで女性として自分の魅力を損なってしまうことしょう。

ひがんでいても仕方ありません。

また、同じようなひがんだ女性同士が集まり、
『くさった女子会』を開いては、話題は人の悪口ばかり…

そんなでは、女性と言うよりも
男性に相手にされない『おばさん』の仲間入りです。


愚痴や悪口を言い合って共感し、
すっきりする…

というような、女性ならではのストレス発散法もあるでしょうが、
そんなストレス発散を繰り返していたら…
発散するぶん、自分の女性としての価値は下がってしまいます。

羨ましく思い、憧れるなら、まだ分かるんですけれどね。
憧れの対象に少しでも近づくよう努力するのは素敵なことだし。


しかし、世の中は不思議なもので、
顔も十人並み、スタイルも典型的な日本人、
胸だってあるかないか程度のあか抜けない女性が…

やたら男性からの支持を得て、人気があり、
常にモテてるようなことってありますよね?


当人たちは、無意識なのか計算ずくかは分かりかねますが、
そういうケースの女性は…
男性のコントロール法を知っているのではないかと思います。

外見に自信が無くても、男性コントロール法をマスターすれば、
必ずあなたに魅力を感じる男性も現れることでしょう。

意中の相手がいる場合、
現状よりも確実に恋愛成功率は上がるはずです!


男性をコントロールする方法とは…

『男性をたてる』ことにあります。

例を挙げるなら、
どんな会話にも『褒め』を追加して返答するのです。

何かをしてもらったり助けてもらった際には、
「ありがとう」だけではなく、

「○○さんて本当に頼りになる男の人ですね、ありがとう」
という感じですね。

最初は難しいと思いますが、やり過ぎない程度に少しずつ、
一言でいいからサラッと『褒め』を追加し続けることで、
相手の気分を良くさせてあげるのです。

そうすると…

相手の男性は、「もっと話したい、もっと会いたい」
という感情が自然と芽生え、知らず知らずのうちに
その女性はモテ上手になって、生きやすい環境を手にします。

このような小さなことの積み重ねが、
モテ女子になる大きな幕開けなのは間違いないので、
ぜひ意識改革をしてみてるとよいでしょう。


【 男性向け恋人の作り方 】
  ⇒ 彼女が欲しい貴方に、恋愛コミュニケーションの裏ワザを無料で公開!!

【 女性向け恋人の作り方 】
  ⇒ 彼氏が欲しい貴女へ、運命の人との恋愛が成就する方法を無料で公開!!


よろしかったら、下のバナーから、
それぞれポチッと応援よろしくお願いします。
m(__)m

にほんブログ村 恋愛ブログへ


2012年12月02日(日)19:02

ドラマなような恋

ドラマなような恋ができるかも?


毎週毎週、月曜から日曜まで1週間びっしり、
ゴールデンタイムから深夜放送まで、
様々なドラマが流れていますよね。

「もう遅いし寝ようかな、明日も早いし…」

なんて時に、たまたまついてたテレビチャンネルで、
興味がある映画が始まってしまったら最悪ですね。

明日が早い、寝なければいけないとは分かっていても…
ついついラストまで見てしまい、
映画の余韻に浸る前に激しい後悔に襲われるでしょう。


テレビや映画は、現代社会に於いて
最大の娯楽と言っても決して過言ではないでしょう。

非日常的な話から、自分とは関わることのない世界の話、
ひと時の現実逃避をさせてくれます。

追われる日常生活に於いて、
現実逃避する時間もリフレッシュとして大切な時間です。


私もドラマも映画も大好きなのですが、
いつも恋愛ドラマや恋愛映画を見ると…

どうして現実ではドラマのような恋が起きないのか、
真剣に考えてみたこともありました。


SF映画や、任侠映画、ファンタジーやホラーといった、
日常的にはありえない世界ではなく、

恋愛ドラマはいつだって時代に即したトレンディなシナリオで、
自分の周りでも起きそうな事柄ばかりなのに…

なかなかドラマのような恋愛が出来ないのはなぜなのか?
真剣に考えていました。


ケンカして家を飛び出し、恋人が走って追いかけてくる…

これは経験あります。


幸せな恋愛をしていると思ったら…
いきなり見知らぬ女の人が現れ「泥棒猫!」と殴られた…

恥ずかしながらこれも経験あります。


恋人が浮気していないか不安な日々の中、
自分が浮気相手だった…

これも情けない話ですが経験あります。


このように自分の人生を振り返っても、
ドラマのような展開は多々ありました。

にも関わらず『ドラマのような恋』をした感じはしません。

なぜだろう、なぜだろうって必死で考えた結果、
ベッドを共にする以外のシュチュエーションで、
ドラマのように、甘く恥ずかしくなってしまうような
コテコテの恋愛シーンがなかったからだと気づきました!


「これか!」と感じた時に、さっそく恋人を呼び出して
甘い恋愛シーンを実行しようと思ったのですが…
見事に玉砕。

なぜこうも思い通りに行かないかと…
またまた考え込みましたが、今回はすぐに答えが出たのです。

ドラマのような恋をしたいと願っている方は
ぜひ試してみてください!


で、その方法とは、
自分の返答をドラマに出てくるようなセリフに置き換えるだけです。

本当に簡単ですが、相手は自分の恋人の小さな変化に気付かず…
無意識のうちに乗ってきてくれるはずです。

例えば、待ち合わせに遅れた恋人に
「ごめんね、ずいぶん待たせて」と言われた時、

「いや、気にしないで大丈夫」

ではなく

「会いたかったんだから大したことないよ」

に置き換える感じです。


「そんな単純なことで?」
と思うかもしれませんが、
男女問わずにこの方法は通用します。

何人もの恋人が、
デートの際中に満足するシーンができたという
嬉しい報告もたくさん届いています!

これは試してみる価値ありますよ!


ちょっとした意識の持ち方で、昨日までとは打って変わって
ドラマのような恋が出来るかもしれません。

私はさっそく実行して、
やっと考えて考えて実現させたいと願っていた
『ドラマのような恋』を経験しました。

いえ、経験した… という言葉だけでは収まり切りませんね。
現在進行形でドラマのようなシーンを満喫しています。

皆さんもたくさんの幸福感を得られるよう…
心から祈っています!


【 男性向け恋人の作り方 】
  ⇒ 彼女が欲しい貴方に、恋愛コミュニケーションの裏ワザを無料で公開!!

【 女性向け恋人の作り方 】
  ⇒ 彼氏が欲しい貴女へ、運命の人との恋愛が成就する方法を無料で公開!!


よろしかったら、下のバナーから、
それぞれポチッと応援よろしくお願いします。
m(__)m

にほんブログ村 恋愛ブログへ


2012年12月01日(土)19:53