恋愛ケーススタディ

デート代は誰が負担?

デート代は「男と女」どちらが負担すべき?


超お金持ちのご子息とか、超エリートの男性、
はたまた年の離れた男性でもない限り、

デートの時の支払いは割り勘

と考えている男性は少なくないでしょう。


私にとって、
デートのドキドキは人生のスパイスです。

そんなデート、
そのまま楽しい気分で終わりたいものですが、

楽しいデートの食事も終わり、
さぁ、お会計と言う時に、
問題が勃発するといわれています。

勘のいい人はお察しの通り、
そうです、お支払はどっちがするか…
ということなのです。

皆さんのデートの時の
金銭感覚というものはどうでしょう?

多くの女性は
男性が払うべきと考えていませんか?
私の友人は全てがそうですね。


好きな人とのデートは、
前日からすでにテンションが上がるものです。

デートのドキドキは
本当に人生に張り合いをもたせてくれる
素晴らしいものだと思います。

でもデートには少なからずお金もかかるし、
それをどちらが負担すべきかという観点では、

男性も女性も、お互いの本音を知って
ゲンナリしてしまう人も多いかもしれません。

でも、それが現実です。

ここの認識を曖昧にしたままだと、
せっかく楽しかったデートも全てが台無しに、
下手したら行かなければよかったとさえ思ったり
時には腹ただしい時間に思えたりするでしょう。


「だって、
 男の人がお金を払うのは当たり前でしょう?」

「年下ならともかく、
 同い年以上の男性は絶対的に支払うべき」

「デート代も払ってくれないような男性は幻滅」


世の男性には厳しい意見かもしれませんが、
これが女性の本音です。

しかし、その一方、
この不況下の日本に生きる男性としては…

「同じような給料なのに
 男だからって必ず払うのはおかしい」

「デートの時に
 男だけが支払うなんて考えは持っていない」

などの意見もあるようです。


そうです、
今の日本の男性はあまり裕福ではない現実があります。

現状と現実と、
デートの相手をしっかりと見極めることも大切なことです。

自分を見極め、相手を見極め、
せっかくのデートではお互いが嫌な思いをせず、
お互いが悲しい思いをしないように意識していくことで

自分が満足できる(相手も満足できる)
そんな楽しいデートをする機会が増えていくでしょう。


少し気になる相手とデートすることが決まったら、
ただただ浮き足立って浮かれる前に、

「見極めの時間」も少なからず設け、
心構えをすることを大切かもしれません。

男性の皆さんは、お金が大変かもしれませんが、
「何が何でもデートは割り勘」という考えを押し通さずに
ケースバイケースで負担することも考えておきましょう。

少しでも多く支払ってあげたい…
この気持ちは、収入はどうあれ
愛情表現の一つと言えなくもないのです。


精一杯頑張っても満足しない、
不足に思って文句を言うような女性なら、
この先一緒にいても金銭感覚が合わないと思うので
時間の無駄と割り切る選択も必要かもしれません。。


女性の皆さんは、
「デートの支払いは男性がするもの」
という考え方を変える努力をした方がよいでしょう。

男性だって精一杯頑張ってくれたなら… もう十分でしょ?

どうしてもそこが譲れないのであれば…
初めからお金の余裕がある人とだけデートすべきなのです。

まぁ、どんなにお金を持っていても、
ケチな人はけっこう多いので(苦笑)

お金に余裕があって
常日頃から太っ腹な人を選りすぐってデートをしないと
満足のいくデートは出来ないかもしれませんけどね。



【 男性向け恋人の作り方 】
  ⇒ 彼女が欲しい貴方に、恋愛コミュニケーションの裏ワザを無料で公開!!

【 女性向け恋人の作り方 】
  ⇒ 彼氏が欲しい貴女へ、運命の人との恋愛が成就する方法を無料で公開!!


よろしかったら、下のバナーから、
それぞれポチッと応援よろしくお願いします。
m(__)m

にほんブログ村 恋愛ブログへ


2014年04月22日(火) 8:43

現実的な結婚観

おとぎ話ではない現実的な結婚観


(あくまで)個人的には、
そんなに結婚という枠に縛られない付き合いをしていく方が
楽しんで恋愛が出来るのではないかと思いますが…

恋愛は楽しむもの…
永遠はきっとある…

な~んていつまでも言ってられない年齢になってしまった方、
やっぱり焦っていますか?

楽しい付き合いの延長線上に結婚があるのなら、
年齢なんて気にせずに、
自分の生きやすい生き方を選択するのもいいと思いますが…

こういう考え方を持とうとすること自体、
追いつめられるような焦りに襲われるのかもしれませんね。

実際、たいていの人は後者の考えなのだと思います。

もちろん「どっちがいい悪い」の比較ではないし、
それぞれの方が個々に幸せになってほしいと願っています。


人間とは変化する生き物です。

肉体的にも精神的にも、
感覚的にも感情的にも、
常に変化を遂げてきました。

だからこそ生き残っている訳です。


人間の変化とは人間としての武器であり魅力でもあります。
「不変」など、必ず飽きが来てしまうものなのです。

この本質を理解することで、
楽しいとか嬉しいと思う気持ちを、
形を変えながら継続することが出来ると思うので、
「本当の意味での永遠」なのかもしれませんね。

もっと簡潔に言うならば、
確定していないことに対して100%期待するのではなく、

どんなに気分が上がろうとも、
確定しないことに対しては80%の期待で抑えておく…
ということですね。

残り20%の気持ちを残しておくことで、
万が一期待した結果にならなかった場合でも
落ち込む度合いが軽減されることでしょう。

また、次への期待や
他のものに置き換える・変化させる方法を
選択できるだけの余力になってくれるはずです。

特に結婚を前提に交際がしたい人は、
結婚 = ゴールという位置づけはやめた方がいいでしょう。

おとぎ話の最後のように、そこで時間が止まって…
永遠の幸せになる訳ではありませんからね。

結婚を前提と言うよりも…
一緒に幸せに生きていく付き合いをしたいと思う気持ち
を前提に出会いを求めていってほしいと思います。

だって、結婚を前提という表現は
少々危険な意識だと思いませんか?

前提の結婚が終わったらどうなるのでしょう?


お互いが結婚を意識するような出会いがあった場合、
結婚に対する意識に、
将来の明確なビジョンをトッピングしてみましょう。

それが後々満足できる結果に繋げるための
大切なポイントだと思います。


結婚は人生のゴールではありません。

今までは独身で一人だった生活の終止符であり、
夫婦二人で生きていく生き方のスタートです。

おとぎ話は子供の頃の世界です。

大人になってもおとぎ話から抜け切れないような感覚では
殆どの場合悲しく残酷な結果を迎えてしまうことでしょう。

現実を見据え、本当の幸せを手にするためにも、
もし、未だにおとぎ話の本を開きっぱなしにしているなら、
パタンと本を閉じる勇気と決断が必要でしょうね。



【 男性向け恋人の作り方 】
  ⇒ 彼女が欲しい貴方に、恋愛コミュニケーションの裏ワザを無料で公開!!

【 女性向け恋人の作り方 】
  ⇒ 彼氏が欲しい貴女へ、運命の人との恋愛が成就する方法を無料で公開!!


よろしかったら、下のバナーから、
それぞれポチッと応援よろしくお願いします。
m(__)m

にほんブログ村 恋愛ブログへ


2014年04月16日(水)19:13

私をどう思ってる?

私をどう思ってる?目は口ほどにものを言う


好きな人ができても、
これってこちら側の一方的な感情ですよね。

そこから意識した相手が、自分を好きになってくれて始めて
「交際」とか「両想い」という関係になれるのですが・・・

いかんせん、
意識し始めた時に、相手が自分のことををどう思っているか
何とも言葉に言い表せない不安やモヤモヤした感情が募って
眠れなくなってしまう夜もあるでしょう。

一般に、気になる相手が出来た時に最も気になることって、
その相手が自分に気があるのかどうかということですよね?

それでアピールする方法も変わってくれるし、
場合によっては早めに諦めるという判断も必要になったり…

期待したい気持ちと、
脈がないなら無駄な時間は費やしたくないし後悔もヤダいう
相反する気持ちでスタートするケースが多いことと思います。


ところで、
気が無い相手を判別するポイントは、これもう簡単です。

話をしていても目を合わせることがほとんどないとか、
こちらの話に対して反応が薄いとか、
至近距離になった際にはさりげなく離れられるとか etc...

ポイントの説明もいらないかもしれませんね。
人は人に好かれている時よりも、
好かれていないことには敏感に反応する生き物ですからね。


しかし…

好きになった相手に全く相手にされなかった時には、
何とか自分の方に相手の意識を向けたいと願うのも、
これまた人間なのでしょう。

何とか相手を自分のものにしたい
という欲求がでてしまうことだってあるでしょう。

しかし、それは、はっきり言って時間と労力の無駄です。
下手したらお金の無駄にもなってしまう可能性があります。

相手にしてくれない相手に
振り向いてもらいたい気持ちは痛いほど分かります。

そこに、時間・労力・お金を費やしてでも
諦めたくない強い想いがあるならば・・・

想いを遂げるまで、
もしくは気が済むまで熱を注ぐのもよいでしょう。

ただ、その想いが、
口惜しさとか恥ずかしさから来ている「意地」だったなら、
早急に手を引いて、新しい人生を見直す方が賢明です。


人は十人十色です。

自分と話す時に笑顔が多い、何かと気遣ってくれるなど、
反応が分かりやすくストレートな人もいるにはいますが、
何といっても確かな判断材料は「目」です。

会話の最中に相手の目をじっと見てください。

この人が自分に興味があるのかないのか…
きっとすぐに見分けることが出来るでしょう。

「相手の目で見極める」
ということを意識して見つめてみるのです。
答えはすぐに導かれるでしょう。

ただ、日本人の多くは、3秒以上じっと視線を向けられると
苦痛を感じる人が多いので、3秒見つめて1秒そらす…
みたいな、一呼吸おく感じで見つめるとよいでしょう。

きっと感じるものがあるはずです。


自分が意識している相手が、
自分に好意を持っている可能性を感じ取れたら、
思い切ってアタックしてしまうのが効率的でしょうね。

たまたまその相手と感性が合わなかったとしても
どこかに必ず自分の感性と一致する相手はいるはずです。


また、
意識している相手が自分に興味を持っていない状況で、
でも自分としては諦めつかない場合には…

時間をかけてアピールし、
相手が自分に興味を持ってくれることを願いながら…

前述のように、時々相手の目をチェックしつつ
徐々にアタックしていくことで道が開ける場合もあります。



【 男性向け恋人の作り方 】
  ⇒ 彼女が欲しい貴方に、恋愛コミュニケーションの裏ワザを無料で公開!!

【 女性向け恋人の作り方 】
  ⇒ 彼氏が欲しい貴女へ、運命の人との恋愛が成就する方法を無料で公開!!


よろしかったら、下のバナーから、
それぞれポチッと応援よろしくお願いします。
m(__)m

にほんブログ村 恋愛ブログへ


2014年04月15日(火)17:45